タックル | 京都ルアーフィッシング

タックル

trout-02.jpg
トラウトタックルの基本ははスピニングタックルです。

アジングロッドなど軽いルアーを使うルアーロッドも使えますが、トラウトロッドがやはり釣りやすいです。

長さは6ft前後が使いやすいです。

釣り場が広い場合はもう少し長い方が広範囲を釣る事が出来ます。

硬さについては難しいのですが、XUL~MLぐらいまでがあります。

日によってマスのコンディションが違うのでinsomniaもロッドの硬さはいつも悩みます。

おそらくフッキングの仕方などによって、自分に合うロッドがあると思います。

insomniaの個人的なオススメは柔らかいロッドよりは少し硬めのロッドの方が好みです。

UL~Lぐらいが使っていて気持ちが良いです。

リールはスピニングリールの1000番~2000番ぐらいが使い勝手が良いです。

大きくても問題ありませんが、よほど大きなマス相手ではない限り、あまり必要だと感じません。

ラインはスプーンをメインに使うのであれば、あまり状況に左右されないナイロンラインがオススメです。

フロロラインは寒くなると硬くなったり、PEラインは風が吹いてたりすると使いにくいです。

まずは3lbぐらいが使いやすいと思います。