ルアー | 京都ルアーフィッシング

ルアー

trout-01.jpg
エリアトラウトの基本のルアーはスプーンです。

1gから3gぐらいがあれば普通の管理釣り場では十分です。

池や湖などを管理釣り場にされているような所では3g以上のスプーンがあった方が良い場合があります。

エリアが広く水深も深いので手返しが良くなります。

insomniaの個人的な感想ですが、マス達はあまりスプーンの大きさは気にしていないような気がします。

それよりも動きや色に対して反応しているような感じです。

特定の動きや特定の色に反応するタイミングがある気がします。

一般的には食い気のある時は大きなスプーン、食い気のない時は小さなスプーンみたいな流れになっていますが、本当に食い気のない時は何を投げても釣れません(笑)。

上手い方は自分の釣り方を見付けておられるようで、周りが釣れていない時でもがんがん釣っておられる時があります。

釣りをしているとスプーンだけでは全く釣れないタイミングがあります。

insomniaが思うそんな時に効果的なルアーが2種類あります。

マスが表層を意識している時に効果的なのがクランクと言われるルアーと、マスが底を意識している時に効果的なのがフェザージグと言われるジグヘッド付きの毛鉤だと思っています。

どちらも投げて放置しておくだけです。

クランクは水面に浮かすだけ。

フェザージグは底に置いておくだけ。

面白くはないですが、釣れないスプーンを巻き続けるよりは釣れる気がしています。