ロッドの使い方 | 京都ルアーフィッシング

ロッドの使い方


ルアーロッドには繋げたり伸ばしたりして使う物があります。

まず最初に、ロッドを繋いだり伸ばす時は力一杯でしないで下さい。

抜けなくなったり、縮められなくなります。

固着という現象ですが、結構多いです。

ご注意下さい。

1本で出来ているワンピースロッドはそのまま使うだけです。
穂先と手元の部分を2本を繋いで使うツーピースロッドには、繋いだ時にしっかり繋がらず隙間が空いてしまうような繋ぎ方になってしまう物があります。

これはロッドを抜き差しする事で摩擦で削れて細くなってしまっても、しっかり繋げるように余裕を持たせてあるのです。
釣具店勤務時代に初心者の方に何度か不良じゃないかと言われた事がありましたが、不良品ではありませんので安心して使って下さい。

繋ぎ方のコツとしてはほとんどのロッドにはガイドが付いていると思いますので、手元側から穂先を見てガイドが真っすぐ並ぶように繋いで下さい。

インターラインと言われるガイドのないロッドには繋ぐ時の目安になる目印が付いている物もありますので、これを目安にして下さい。

insomniaは見た事がありませんが、全く目安になる物がないルアーロッドはおそらく繋ぎ方は気にしないでも大丈夫だと思います。

3本継のスリーピースロッドや4本継のフォーピースロッドも同じ要領です。

振り出し式のルアーロッドもあります。

これもガイドを目安に真っすぐになるように伸ばしてあげて下さい。

リールの取り付けはグリップの部分がくるくる回るようになっている物が多いので締めこんで固定して下さい。


使い終わったらシャワーなどで汚れを綺麗にしてあげると長持ちします。

特に海で使うロッドはガイドなどが錆びやすのでしっかりお手入れしてあげて下さい。