用意したい物 | 京都ルアーフィッシング

用意したい物

ready-02

ライフジャケット(救命胴衣)

もし、お子さんもご一緒ならば絶対に用意する事をオススメします。

管理釣り場ではレンタルがある所もあります。

また、釣り場によっては大人の方でも着用義務がある場所があります。

事前に確認して下さい。

釣り場でお子さんをよく見かけるのですが、大人が予想もしない行動をします。

insomniaも見ていて何度も危ないと思う場面がありました。

大げさではなく、お子さんの命に関わります。

大人の方でも漁港など足場がしっかりしている場所では着ていない方が多いのですが、一旦落水してしまうと上がりにくい場所が多いです。

安全の為に着用する事をオススメします。

 

ハサミ

ライン(釣糸)を切ったり仕掛けを作るのに使います。

エギングなどでは特殊なラインを使う事がありますが、とりあえずは普通のハサミで大丈夫です。

ハリハズシ

針を外せる物なら何でも良いです。

ペンチなら、先端が細く長い物がオススメです。

魚の口は意外と鋭いです。

素手で針を外すのは案外怖いです。

 

フィッシュホルダー

魚を掴める物なら何でも良いです。

使い勝手は悪いですが、タオル・雑巾等でも大丈夫です。

どんな魚が釣れるか分かりません。

特に海は毒を持っている魚もいますので用意したいです。

動きやすくて汚れても良い服装や靴

釣り場で普段の服装のまま釣りをしている方を結構見掛けますが、汚れたり濡れたりするので用意したいです。

 

雨具(カッパ)

雨が降ったら必要ですよね。

風が強い時には防寒対策にもなります。

傘は手が塞がるのでオススメしません。

 

バッグ

車で移動される方は気にされない方も多いですが、駐車場や車を停めた場所からの移動もありますので無いと困る事もあります。

 

タオル

水場ですので当然手が濡れます。

意外と忘れがちなのでお気を付け下さい。

 

ビニール袋(ゴミ袋)

釣りは意外とゴミが出る事が多いです。

また、釣れた魚を持ち帰る時にも使えます。

コンビニやスーパーで買い物をしたら貰えるビニール袋で十分です。

 

キャップ

日除けの役割もありますが、頭を守る安全面の役割もあります。

ルアーが自分目掛けて飛んでくる事もあります。

 

偏光レンズ

掛けると水面の反射を抑えて、水の中が良く見えます。

目を守る安全面の役割もあります。

 

グローブ

手の保護の為に用意したいです。

防風や防寒にも効果的です。

 

ライト

釣りに夢中になっていて日が暮れ出すとあっという間に暗くなります。

気が付くと手元も見えにくい事もあります。

夜に釣りをされないのであれば高価な物は必要ありません。

安価な物でも十分です。

LEDの物が明るくて電池の持ちも良いのでオススメです。

 

バケツ

釣り場で手を洗ったり、釣り場の汚れを落とすのに使います。

ビニール製の折り畳みの物がかさばりませんが、自立しない物もありますので用途に応じて選んで下さい。

 

クーラーボックス

夏場に釣れた魚を持ち帰るには魚が傷みやすいので用意したいです。

また、飲み物・食べ物・タオルなども冷やせます。

夏はもちろん、意外と冬にも使います。

 

タモアミ

思っていたより大物が釣れてから慌てるよりは事前に用意される事をオススメします。

釣り場に合わせて柄の長さを用意して下さい。

重くはなりますが、短いよりは長い方をオススメします。

届かないと意味がありませんから(笑)。