タックル | 京都ルアーフィッシング

タックル

eging-02
エギングに使うタックルは基本的にスピニングタックルです。

昔、DAIWAさんがベイトタックルを作っていましたが、現在は無いようです。

ロッドの長さは8ftぐらいから9ftぐらいまでが一般的です。

まずはその範囲で選ばれた方がオススメです。

短すぎると飛距離が出にくいですし、長すぎるとエギを操作する時にロッドを重く感じる事があります。

硬さはエギングロッドのMLからMHぐらいが一般的です。

他の魚種のロッドを使う事も出来ますが、やはりエギング専用ロッドが使いやすいです。

リールはスピニングリールですが、2000番~3000番ぐらいが使いやすいと思います。

エギを操作する釣りなので、腕力や体力に自信の無い方は小さいリールや短いロッドが使いやすいです。

ラインはPEラインが使われる事が多いですが、扱いに少し癖があります。

ラインに強度はありますが、エギングに使うラインは細いので擦れるとすぐに切れてしまいます。

その為、リーダーと言われる先糸を付ける必要があります。

これを結ぶのが結構面倒くさいので、最初の内はナイロンラインやフロロラインを使われても良いでしょう。

2号ぐらいの太さがオススメです。

PEを使われる場合はPEは0.8号、リーダーはフロロの2号がオススメです。