釣り方 | 京都ルアーフィッシング

釣り方


insomniaがよく行く釣り場は京都から近いという事もあり琵琶湖です。

主に南湖といわれる琵琶湖の南側を中心に岸から釣りをしています。

全体的に水深が浅く、目に見えるストラクチャーもあまりありません。

よく関西以外から来られた方はどこを狙っていいか分からないと聞きます。

水中にもストラクチャーがあり、水深の変化もあります。

琵琶湖にお越しの際は地形の変化に注意して釣りをしてみて下さい。

ブラックバスは水温の変化に敏感です。

季節によって行動に変化があります。

    • 春は産卵というイベントがありますので、浅場で自分達の縄張りを持ちます。釣り場で観察するとあまり移動しないブラックバスを見掛けます。
    • 夏は適水温の場所を探して浅場や深場をうろうろします。暑い日は影で動かない事もあります。
    • 秋は気温の変化が少ないので人間もブラックバスも過ごしやすい季節です。またエサとなる小魚などを追いかけて活発に活動します。
    • 冬は水温の変化が少ない深場へ移動します。暖かい日は浅場にいる事もあります。

ブラックバスの生態は良く知られていますが、実際に釣りをすると思う通りに釣れない事も多いです。

ボートの釣りだと深場に移動する事も出来ますが、岸からだとなかなか思う場所に入れない事が現実です。

上記の条件は参考程度に釣り場を決めて下さい。

岸からでも十分に釣りを楽しめます。