タックル | 京都ルアーフィッシング

タックル

bass-02
バスフィッシングのタックルは基本的に2種類です。

ベイトタックルとスピニングタックルです。

上の画像で右がベイトタックル、左がスピニングタックルです。

ベイトタックルはベイトリールとベイトロッド、スピニングタックルはスピニングリールとスピニングロッドを組み合わせます。

基本はベイトタックルは重いルアーに、スピニングタックルは軽いルアーに向いています。

使いたいルアーで選んで下さい。

出来れば両方用意した方が使えるルアーの重さの幅が広がりますのでオススメです。

ベイトリールは出来ればバス専用品を糸巻量に注意して選んで下さい。

スピニングリールは1500番~2500番がオススメです。

色々なルアーが使いやすい大きさは2500番だと思います。

一般的なタックル例は以下の通りです。

ベイトタックル

・ロッドの長さ:6ft~7ft
・ロッドの硬さ:M~H
・リール:12lb~20lbが100mほど巻けるベイトリール

スピニングタックル

・ロッドの長さ:6ft~7ft
・ロッドの硬さ:UL~ML
・リール:4lb~8lbが100mほど巻けるスピニングリール

ロッドは長ければルアーを遠くに投げやすいですが、扱いに慣れが必要です。

因みにinsomniaが使っているバスロッドはメインフィールドが遠投が必要な琵琶湖という事もあり、ほとんど7ftより長いです。

長さはお好みで選んで下さい。

リールに巻くラインですが、始めて釣りをされるならナイロンラインが使いやすいと思います。

フロロは硬く癖が付くと真っすぐになりにくく、慣れない内はトラブルを起こしやすいです。

PEは強度はありますが細い糸を編み込んで作られているので擦れた時に切れやすく、リーダーと言われる先糸が必要です。

もしリーダーが切れてしまうと新しく繋げる手間が結構面倒くさいです。

色々なメーカーから発売されていますのでお好みで良いと思いますが、あまりにも安価で販売されている物は避けた方が良いかもしれません。