【17 セオリー】 インプレッション | 京都ルアーフィッシング

ダイワ 17 セオリー インプレッション


ども、insomniaです。

今回はエリアトラウトでメインで使用しています「ダイワ 17 セオリー」のインプレッションです。

ダイワさんの以前のリールの特徴として、価格が高くなると重量が軽くなるという特徴がありました。

「ルビアス」シリーズが軽さに特化して作られていますが、「イグジスト」シリーズの軽さを上回る事はなかったと思います。

しかし2017年に発売された「セオリー」は当時の「イグジスト」を上回る軽さで発売されました。

価格は「イグジスト」の3分の1以下です。

かなり驚いたのを憶えています。

「セオリー」のカラーリングを見た瞬間、エリアトラウトで使う事しか考えられませんでした。

ダイワさんのエリアトラウトのカテゴリー「プレッソ」シリーズのロッドにぴったりだと思ったからです。

現在、1003番を4台使用しています。

全てのハンドルノブをAvailさんの「POM ハンドルノブ 2」と「アルミGMノブキャップ」に替えています。

1台はハンドルを35mmに替えています。

ハンドルの付け根が金色の物です。

他の物はノーマルの40mmハンドルです。


「ZAIONローター」搭載で巻き感は軽く、糸寄れ対策の「ツイストバスターII」や「クロスラップ」も搭載されています。

シマノさんのリールを使う事が多い友人Y氏の話ですが、シマノさんのリールよりもダイワさんのリールの方が糸寄れには強いそうです。
「ツイストバスターII」が特に効果的なようです。

防水効果の高い「マグシールド」も搭載されています。

淡水での使用では必要ないという声をよく聞きますが、私はISOさんのグリスなどで巻き感の調整をしていますのでボディ内部に水が入りにくいのはありがたいです。

自重もハンドルの巻き感も軽くトラウトのアタリも分かりやすいリールです。

現在はIOSさんの「shirokuma」グリスを使っていますが、ドラグの性能もノーマルで問題ありませんでした。

しかし「ATD」は少し粘る癖があるので今までのドラグとは調整を変える必要があります。

私の調整方法ですが、緩めに設定しておいて実際に魚が掛かってからドラグを締めて調整しています。

釣行前に負荷を掛けて調整した所、ほとんどドラグが出ない現象がありました。

硬めに調整される方は従来のリールのようにラインが出ないと思いますので注意して下さい。

使っている感想としてはコストパフォーマンスが高い管理釣り場で普通に使うには十分な性能のリールです。

私はトーナメンターではありませんが、大会などでも使えるかもしれません。

まあテレビに出演されている方は「イグジスト」や「TD-Z」などを使っておられる方が多いですね。

余談ですが、トーナメンターの方の多くがダイワさんのリールを使っておられるのは、シマノさんのリールよりも巻き感が軽いからだと聞いた事があります。

普通に使う分にはシマノさんのリールでも十分です。

最近釣りに行けてなくて、今回の撮影の為にリールを久々に引っ張り出してきたのですが、1台巻き感がおかしい物がありました。

近日、調整の為に分解しますのでボディ内部の撮影をして公開したいと思っています。