【エメラルダス AIR AGS 83ML】 インプレッション | 京都ルアーフィッシング

ダイワ エメラルダス AIR AGS 83ML インプレッション


ども、insomniaです。

今回はエギングロッドについてのお話です。

購入したのはずいぶん前ですが、「エメラルダス AIR AGS 83ML」を使ってみたインプレッションです。

エギングロッドは以前、「エメラルダス AGS 92M」を使っていました。

このロッドも結して重い訳ではないのですが、飛距離が欲しくて長いモデルを選んでしまったので、長時間釣り続けていると疲れてしまい楽しいはずの釣りが楽しくなくなってしまう困ったロッドでした。

そこで当時(おそらく2016年)、軽さを売りにして新発売となった「エメラルダス AIR AGS 83ML」を購入する事にしました。

このロッドは重さが86gと従来のロッドよりも軽さを重視して作られています。

使った感じはとにかく軽い。

「18イグジストFC LT2500S-C」と組み合わせてライトエギングで使っています。

長さも飛距離を考えず8.3ftを選んだ事で、操作感も軽快です。



ガイドにはもうお馴染みのダイワさんオリジナルのAGSが使われています。



使えるエギの範囲も1.8号から3.5号と普通に使う分には十分です。

ラインはPEの0.5号か0.6号。

細目ですが、3号~3.5号のエギだと十分です。

0.4号も試しましたが堤防や海底などに擦れると簡単に切れますので、0.5号を下限にしています。

リーダーは1.5号~2号。

使うエギや場所によって太さを変えています。

欠点といえばおそらくブランクスが軽く作る為に薄く作られているはずなので、当て傷などに弱いくらいでしょうか。

購入される方は大事に扱ってあげて下さい。

問題と言えば仕方のない話なのですが、あまり長いロッドではないので飛距離が出にくい事くらいでしょうか。

とても使いやすい優等生なロッドです。

私の性格上、いずれ「エメラルダス STOIST AGS」を購入しそうですが、それまでは大切に使いたいと思っています。