【月下美人 EX AJING 55L/HS-SMT・E】を買ってみた | 京都ルアーフィッシング

ダイワ 月下美人 EX AJING 55L/HS-SMT・Eを買ってみた


ども、insomniaです。

以前、アジングのロッドは「月下美人 AGS AJING」や「月下美人 MX」を使っていたのですが、どうしても使ってみたくなって少し前の話ですが「月下美人 EX AJING」を買ってみました。

このロッドはメタルトップと言う金属の穂先を使っていまして、これを試してみたかったのが1番目の購入の動機です。

2番目の動機があまりにもアジが釣れなくて、道具のせいに出来ないように自分を追い込む為です。

先日のブログに書きましたが、後から購入した「18 イグジスト FC LT1000S-P」と「月下美人 EX AJING 55L/HS-SMT・E」はダイワさんの軽量ルアーのアジングタックルで最上級の組み合わせだと思っています。

これで素人最強のダイワタックル完成です(笑)。

ラインは「月下美人 月ノ響II+Si」の0.15号、リーダーは2~3lbのフロロを使用しています。

予想通りメタルトップはラインを通してルアーを付けると、少しお辞儀をするような感じです。

チューブラートップに比べて柔らかいのでしょうね。

使ってみた感じだと1g以下のルアーが気持ち良く使える感じです。

0.3gや0.5gぐらいが面白いです。

他の方のブログで見た事があるのですが、竿先が柔らかいのでルアーを投げにくい方がいるみたいですが私は全く感じませんでした。

投げ方が人によって違うので、そんな感想になるのでしょう。

ただ巻きではさすがにルアーの重さを感じませんが、ロッドを煽るとはっきりとルアーの状態が手に伝わります。

軽量ルアーに最適なロッドだと思います。

小アジは合わせが必要ないくらい自然にフッキングします。

大きなアジだと、しっかりした合わせが必要になります。

穂先が柔らかいのでフッキングパワーが普通のロッドより必要な感じですが、釣った感が味わえます。

かなりお気に入りのロッドになりました。

次はキャロ用のロッドを狙っています。