タックル | 京都ルアーフィッシング

タックル

aji-02
アジングに使うタックルはスピニングタックルです。

insomniaが店員時代のお客様でベイトタックルでされている方もいらっしゃいましたが、ほとんど市販されていないと思います。

そのお客様はロッドを自作されてました。

特別なこだわりがなければ、市販のアジングタックルで良いと思います。

昔はアジングというジャンルがなかったので専用タックルはありませんでしたが、近年は釣具メーカーから数多くのアジングロッドやアジングリールが発売されています。

もし、トラウトタックルをお持ちであれば代用する事は可能です。

使うルアーの重さが同じくらいだからです。

しかし、やはり専用品はよく考えて作られているので本格的にアジングをされるのであればアジングタックルを揃えられる事をオススメします。

市販されているロッドの長さは5ftから7ftぐらいだと思います。

使いたいルアーの重さに合わせてロッドを選んで下さい。

場合によっては0.3gや0.5gといった軽い物や10gを超える仕掛けになる事もありますが、アジングで使うルアーの重さは大体1gぐらいから10gぐらいに収まると思います。

長さはお好みで構いませんが短いロッドは飛距離が出しにくく、長いロッドは操作性が悪くなるので注意して下さい。

リールはスピニングリールですが、1000番~2000番ぐらいが一般的です。

もっと大きくても問題はありませんが、小さいリールに比べて重くなります。

アジはそんなに大きくない魚ですが、大物狙いならありでしょう。

ラインはこれと言った決め手になる要素がありません。

まずはナイロンラインが無難かもしれません。

釣りに慣れてからラインの特性を考えて選ぶのもアジングの面白さかもしれません。