ルアー | 京都ルアーフィッシング

ルアー

aji-01
アジのルアーはワームと言うソフトルアーとジグヘッドを組み合わせて使う事が基本となります。

ワームは色々な形が発売されていますが、細長く尻尾が付いているタイプが一般的です。

おそらくメーカーでも種類が一番多く発売されていると思います。

まずはそれを基本に気になる形の物があれば追加して下さい。

サイズは1.5インチから3インチくらいまでがあれば大丈夫だと思います。

釣りたいアジの食べたいエサのサイズをイメージして準備して下さい。

ジグヘッドも色々な種類が発売されています。

ヘッドの形状はお好みで良いと思いますが、フックの大きさは注意して下さい。

アジのが小さいと大きなフックは口に入りきらず、アジが大きいと小さなフックは掛かりにくくなります。

大きさは何種類か用意されたほうが良いと思います。

重さですが、まずは1.5gぐらいを用意して頂きたいです。

軽すぎるとルアーの感覚が分からず、重すぎるとアジのいる層をすぐに通過してしまいます。

広い釣り場や風が強い日には飛距離が欲しくなる時があります。

シンカーや飛ばしウキを使う事でワーム単体より飛距離を出す事が出来ます。

エサ釣りで使う物も使えますが、メーカーからアジやメバル専用の商品も発売されています。

アジはハードルアーでも釣る事が出来ます。

主にプラスチック素材の魚の形をしたプラグというルアーや、金属素材のメタルバイブレーションといわれるルアーを使います。

ワームが基本の釣りですがハードルアーがよく釣れる日もあるので、いくつか用意されるのも面白いかもしれません。